メトロイドプライム2 #番外 エーテルは自由浮遊惑星なのか(資料)

2021年8月9日

Wikitroidより、審判の門ルミナセウスの空

惑星エーテルは「rogue planet(自由浮遊惑星)」であると、オープニングでは表現されています。しかし、上の画像のように明らかに太陽が存在するようにも見えます。また、作中には「ソーラーレンズ」や「太陽」などの単語が少しですが登場します。

ここでは結論を出しませんが、本当にrogue planetの対訳が自由浮遊惑星で良いのか、資料として幾つかの単語について検証しようと思います。

太陽

ソーラーレンズユニット。複数のレンズを重ねることで太陽光を収集、凝縮します。

ポータルステーション

Structural analysis complete. Industrial solar lens, part of a system used to open a portal to Dark Aether.

ポータルステーション

この太陽光は後付けですね。ソーラーレンズはそのままSolar lens。

エネルギージェネレーター。凝縮した太陽光からエネルギーを生成、ポータル発生装置に転送します。

ポータルステーション

Mechanical analysis complete.Portal dynamo offline. Configure lens system to focus solar power on dynamo. This will energize the system.

ポータルステーション

太陽光=Solar powerのようです。

ソーラー

ソーラーレンズユニット。複数のレンズを重ねることで太陽光を収集、凝縮します。

ポータルステーション

これは太陽の所で出てきました。

ソーラーレンズを確認、ソニック式セキュリティシステムとリンクしています。音波の出元の特定には、音波を視覚化できるデバイスが必要です。

アーゴンプラザ

Object scan complete. Solar lens modified for use as part of a Luminoth sonic security system. Lens is connected to a sonic control system. Sonic detection gear needed to interface with this system. Neutralizing the control emitter may affect the lens.

アーゴンプラザ

ソーラーレンズ=Solar lensです。

日本語で太陽に関係しそうなワードはこれだけです。英語も見てみましょう。

Sun

これはありませんでした。

Sunlight / Sunshine

これもなし。

Solar

Morphology: Lumite
Photosynthetic flying insectoid.
'Relatively harmless in shadows, powerful and invisible in the light. '
The Lumite thrives on light, and can render itself invisible to most predators while within it. When out of the light, the creature is relatively harmless, relying on a crudely spat chunk of biomatter to defend itself. Once in the light, it can channel large amounts of solar energy into a deadly blast.

ルーマイト

クリーチャーの解説文に出てきました。Solar energy=太陽エネルギーです。

Morphology: Sandgrass
Indigenous strain of grass adapted to desert climate.
'Plant requires no moisture to survive, relying exclusively on solar energy for sustenance. '
Sandgrass scans indicate that the plant requires no moisture to survive. It relies exclusively on solar energy for sustenance, making it well adapted for life in a desert environment. Evidence of extensive mutation present, suggesting radical bio-adjustments within the last centicycle. Mutation source is not natural; plant strain was genetically engineered, possibly by the Luminoth.

サンドグラス

太陽エネルギーのみをエネルギー源とする植物。

Structural analysis complete. Industrial solar lens, part of a system used to open a portal to Dark Aether.

ポータルステーション

これは先程出しましたが、ポータルステーションのソーラーレンズです。

Mechanical analysis complete. Solar dynamo online. Dimensional portal system energized.

ポータルステーション

これはエネルギージェネレーターがオンラインの状態です。ソーラーダイナモ。

Object scan complete. Solar lens modified for use as part of a Luminoth sonic security system. Lens is connected to a sonic control system. Sonic detection gear needed to interface with this system. Neutralizing the control emitter may affect the lens.

アーゴンプラザ

これも先程出しました。アーゴンプラザのソーラーレンズです。

Mechanical analysis complete.Portal dynamo offline. Configure lens system to focus solar power on dynamo. This will energize the system.

ポータルステーション

これも先程。ポータルステーションのエネルギージェネレーターがオフラインの状態です。

Initial analysis complete. 'Chamber holds a collection of several types of energy. Notable types include solar, bio, and geothermal energy. Unable to measure exact power levels with current scan equipment. '

惑星エネルギーを収容するユニット

初期分析完了。チャンバーには、数種類のエネルギーが集められています。太陽エネルギー、バイオエネルギー、地熱エネルギーなどが挙げられます。現在のスキャン装置では、正確なパワーレベルを測定することはできません。

惑星エネルギーを収容するユニット (日本語訳)

惑星エネルギーを収容するユニットです。強度が高く、内部に莫大な熱量を格納可能です。

惑星エネルギーを収容するユニット(日本語版)

とても興味深い記述が出てきたので日本語もセットで。

Solarが出てくるスキャンメッセージは以上になります。

さらに

最後に「太陽エネルギー」なんてものが出てきてしまったので、太陽はあると考えるのが自然そうです。つまり「rogue planet」は自由浮遊惑星を意味しないのではないか、という考えです。

自由浮遊惑星であるという立場を選ぶのであれば、ルミナスの記録4「楽園の救済」のテキストを参考にする感じですかね。

なんと言うことか!美しいその姿とは裏腹にエーテルの星としての寿命は、今にも尽きようとしていたのだ。 惑星のコアが留めるエネルギーは枯渇の危機に瀕しており、放置すれば、遠からず世界は終焉を迎えることになるであろう。 しかし、我らは残る惑星エネルギーを延命し、制御する手法を見出した・・・それがエネルギー制御装置である。

ルミナスの記録4「楽園の救済」

Aether’s planetary energy supply reached a critical stage. If left unchecked, the energy would expire, bringing an end to the world. Our greatest minds devised a way to preserve and regulate the remaining planetary energy – the Energy Controllers.

ルミナスの記録4「楽園の救済」

「惑星のコアが留めるエネルギー」=惑星エネルギー=エーテルの光という説です。つまり「惑星エネルギーを収容するユニット」に入っているのは「惑星のコアから抽出したエネルギー」です。エネルギーというのは熱エネルギーでしょうか。エネルギーが枯渇するというのは惑星が冷えている=外部からのエネルギー供給がないという状態のことかもしれません(つまり主星がない)。コアというのは地核のことです。これはエネルギー制御装置の説明文から得られます。

エネルギー制御装置です。エーテルの惑星エネルギーを制御するユニットです。
地核から吸収、凝縮した惑星エネルギーを調節する制御装置です。エネルギーは地表から還元され、全生命体の活動源となります。制御装置は、合計で4台が存在しメインの1台を中心にリンクが張られ、相互にエネルギーを送受することで、供給量を調整します。

エネルギー制御装置

大事そうなところなので英語も見ておきましょう。

Object analysis complete.
This is a regional Energy Controller. Unit regulates planetary energy in this sector, and is linked to a global energy network. Energy Controllers were built by the Luminoth to regulate Aether’s planetary energy. Several wonders are powered by the Energy Controllers, including a weather control grid and a teleportation system. When Dark Aether was born, it too had Energy Controllers, all linked to that world’s planetary energy.

エネルギー制御装置

以下機械翻訳文です。

オブジェクトの解析が完了しました。
これは、地域のエネルギーコントローラーです。ユニットはこのセクターの惑星エネルギーを調整し、グローバルなエネルギーネットワークにリンクしている。エネルギーコントローラーは、エーテルの惑星エネルギーを調整するためにルミナスによって作られた。気象コントロールグリッドやテレポーテーションシステムなど、いくつかの不思議な機能がエネルギーコントローラーによって作動している。ダークエーテルが誕生したとき、その世界にもエネルギーコントローラがあり、すべてがその世界の惑星エネルギーとリンクしていた。

エネルギー制御装置

地核に相当する単語は出てきません。惑星エネルギーは出てきます。

つまり…?

あえて、ご自分での解釈をお願いします。

追記

Wikitroidでは確か「自由浮遊惑星である」という解釈をしていたと思います。その上で、Solar lensの記事に「太陽光を利用するのは大きな疑問だ」とか何とか書いていたような。ちゃんとは読んでいませんが。エーテルの光の方はメンテナンスしてる人が違うのか、Solarについては特に触れられていませんでした。統一見解はなさそうです。