メトロイドプライム #番外 チョウゾロア 北米版編

2021年8月3日

メトロイドプライムGC北米版のチョウゾロアを見ていきます。日本語版とは構成が大きく異なるのでなるべく全訳していきます。英語力は低いのであしからず。

DeepLに全面的に頼っています。

北米版原文はここから

日本語原文はここにあります。

チョウゾロア(北米版)

Beginnings(始まり)

Our sanctuary grows by the day. We Chozo know much of technology, but we have chosen to leave it behind on this journey. Our home here on Tallon IV will be a place of simplicity: structures hewn from the stone, bridges woven with branches, hallways caressed by pure waters. We build around the ancient and noble trees, drawing from their strength and giving them our own in return. All that is wild will flow around us here: our race will be just one more group of creatures in the knit of nature. It is our hope that such a state will bring with it greater wisdom, a greater understanding of the nature of the universe. Once our city here is complete, we will peer inward and discover the truth.

我々の聖域は日々大きくなっている。我々チョウゾは高度な技術を持っているが、この旅ではそれを捨て去ることにした。ターロンIVにある我々の家は素朴なものだ。石を切り出して作った建物、木の枝で編んだ橋、清らかな水に包まれた廊下などだ。我々は古代の高貴な木を中心に建設し、その力を借りて、自分たちの力を贈り、返す。我々チョウゾは、自然の編み目の中の生き物の一つに過ぎない。このような状態が、より大きな知恵と、宇宙の本質に対するより大きな理解をもたらすことを、私たちは望んでいる。我々の都市が完成した後、我々は内面を覗き真実を見出すだろう。

欧州版と同じですかね?

Fountain(噴水)

At the highest point of our city lies the fountain, a wellspring of pure water that flows throughout our civilization. It is the jewel of the Chozo, the life-giver, and yet its waters speak of a clouded future. As we come to understand the paths of time and space more clearly, we have begun to glimpse rough tatters of past and future, glittering behind reality like soft lights behind a curtain. We have seen the fountain in these glimpses, pouring darkness instead of water, and we cannot guess what the visions mean.

我々の都市の最も高い所には、文明全体に流れる純粋な水の源たる泉がある。その水は生命の源であるチョウゾの宝石でありながら曇った未来を語っている。時間と空間の道筋がより明確に理解できるようになると、カーテンの後ろの柔らかい光のように、現実の背後にある過去と未来の荒々しい断片が見えてきた。水の代わりに闇を注ぐ泉を垣間見た我々は、その幻影が何を意味するのかを察することができない。

噴水の意味が変わっていますね。北米版では具体的にサンライズドームのことを指しています。

Statuary(彫像)

As we have done for millenia, we Chozo work constantly on our statuary. The statues are our sentinels: blind but ever watchful, they are and have always been, repositories for our most precious secrets and strongest powers. The crafting of each is a long and sacred process, performed only by those Chozo who have lifetimes of experience in such things. We have left these relics on planets across the solar system. Some are merely reminders: silent emblems of the Chozo that serve as icons of peace in lands that know only war. Others wield subtle strength, exerting their influence in ways beyond the understanding of mortal creatures. Still others are guardians of our secret ways, and these can be as terrible as they are beautiful. Those who respect and honor these relics will know the friendship of the Chozo. Those who deface or destroy them will know our wrath, unfettered and raw.

何千年にもわたって行われてきたように、我々チョウゾは常に彫像に取り組んでいる。彫像は私たちの衛兵だ。盲目だが常に目を光らせており、今も昔も我々の最も貴重な秘密と最強の力の保管場所であった。彫像の制作は、長い時間をかけた神聖な作業であり、何年もの経験を積んだチョウゾだけが行うことができる。我々はこれらの遺物を恒星系内の惑星に残した。その中には、戦争しか知らない土地で平和の象徴としてのチョウゾの無言の紋章のように、ただ思い出させるだけのものもあり。また、人の理解を超えた方法で影響力を行使し、繊細な力を発揮するものもある。さらに他のものは、我々の秘密の道の守護者であり、それらは美しいだけでなく恐ろしい存在でもある。これらの遺物を尊敬し、尊重する者は、チョウゾの友情を知ることになる。これらを汚したり破壊したりする者は、我々の自由で生々しい怒りを知ることになる。

恒星系はFS-176系のことです。その惑星にはターロンIVだけでなくゼーベス、他の星も含みます。前に全くの誤解釈を載せていましたがまあ見なかったことにしましょう…。「彫像」は2D系メトロイドにも出てくる「鳥人像」のことです。チョウゾのテクノロジーを守っていたり、平和の象徴であったり、繊細な力を発揮するものってなんだろう…、難破船のあいつとか敵としての鳥人像とか、色々語られているようですね。

Exodus(エクソダス)

We Chozo are departing now, after so many years in peaceful seclusion here on Tallon IV. When we came, this place was a refuge for our spirits, a civilization built from native materials, bereft of the trappings of our technology. We were linked to the land here, kindred to the plants and animals, far away from the machines we had become so dependent on. And so we leave it now, pristine, a testament to the mortal forms we no longer need. We have drawn the veils of time and space aside, and are withdrawing beyond the illusion. But we will never forget this, the most sacred of our homes. And we will remain ever watchful.

我々チョウゾは、ターロンIVでの平和な隠遁生活を長い間続けてきたが、今、旅立つ。我々がここに来たとき、この場所は我々の精神的な避難所であり、高度な技術に縛られない、天然の素材で作られた文明であった。我々はここの土地とつながり、植物や動物と兄弟のような関係になり、機械に頼らなくなっていった。我々は、もはや人の姿が必要のないことを証明するために、この土地を自然のままに残した。我々は時間と空間のベールを取り払い、幻想の彼方へと引きこもろうとしている。しかし、我々の最も神聖な故郷であるこの場所を決して忘れない。そして、我々は常に見守っている。

(DeepLが)前も訳しましたね。(DeepLが)今回も訳しましたがやはりよくわかりません。特にここ。

And so we leave it now, pristine, a testament to the mortal forms we no longer need.

we leave it nowのitは何なの。DeepLさんのいう「この土地を自然」でいいんですかね。何かこの文訳しにくいってDeepLさんが言ってる。

で、チョウゾなんですが、エクソダスって人の姿を脱して霊的or高次の存在になったっていう解釈で良いのでしょうか。良さそう。

Meteor Strike(隕石の衝突)

We have returned to Tallon IV, borne here against our will by a great cataclysm from the reaches of space. A meteor came, casting a dark shadow of debris over the land with the violence of its impact. Though we perceived this from beyond space and time, it was but a curiosity: a brief flare in the universe. But the meteor brought with it corruption. A Great Poison burst forth into the land, clawing at life with such violence that we were ripped from our peaceful state and find ourselves wandering as shadows of the mortal forms we left behind, searching for why we are here.

我々はターロンIVに戻ってきた。宇宙からの大変動によって、我々の意思に反してここに運ばれてきたのだ。隕石が飛来し、その激しい衝撃が土地に暗い影を落とした。時空を超えて認識したとはいえ、それは宇宙の一瞬の火花という好奇心に過ぎなかった。しかし、その隕石は汚染をもたらした。大いなる災いがこの地に発生し、生命を引き裂くような力を振るったため、我々は平和な状態から引き戻され、自分たちが残した定命の姿の影として、なぜここにいるのかを探してさまよっているのだ。

隕石の衝突により死すべき姿=生きてる姿→その影=チョウゾゴースト。高次はいいすぎだったのかも知れませんね。霊的な存在に昇華したけど隕石の衝突で引き戻され、大いなる災いによってその中間的なチョウゾゴーストになってしまったと。

Worm(虫)

The prophecies tell of the coming of the Worm. Born from parasites, nurtured in a poisoned womb, the Worm grows, devouring from within, until the world begins to rot. The words of the seers have come to pass, for there, in the depths of the world, the ravenous Worm lurks and feeds. From the stars it came, blighting Tallon with its Great Poison. We can but watch as the Worm grows, watch and wait. For the prophecies also speak of a great Defender, the one who delivers the world from evil. The final days draw near. Is the Newborn the Defender of which the seers spoke? We shall do all that we can to aid her, for she bears our legacy as she bears the ancient armor and weapons of our people.

予言では「虫」の到来が語られている。「虫」は寄生虫から生まれ、毒された子宮で育つ。「虫」は成長し、世界が汚染され始めるまで、内から外へと食い尽くしていく。先見者の言葉は現実のものとなった、世界の深みに貪欲な「虫」が潜み、食べているのだから。それは星からやってきて、ターロンを大いなる災いで冒したのだ。我々は「虫」が成長するのを見守るしかない、見守っていよう。予言には、世界を悪から救い出す偉大な守護者のことも書かれているからだ。最後の日が近づいてきた。「赤子」は予言者の言う守護者なのか?我々は彼女を助けるためにできる限りのことをしよう。彼女は我々の遺産を持ち、我々の人々の古代の鎧と武器を持っているからだ。

「虫」はメトロイドプライムのことですね。寄生虫は隕石(リヴァイアサン)でしょうか。Newbornは赤子としましたが適訳が後に出てきそう。

Contain(封印)

The world of living things feels strange to us, we who have existed so long on the edges of time and space. It is clear now that we Chozo can never return to our dimension, not while the Great Poison reaches ever further into the planet. It is so powerful, this creeping evil, that our wills are crumbling and our minds beginning to fail. And so, before it is too late, we now make our last stand. We have begun to build a temple to contain this darkness: at its heart we will place a Cipher, a mystical lock powered by twelve Artifacts and filled with as much power as we Chozo can harness in our ethereal states. Even when we are done, it may be too late.

定命の者の世界は、時空の果てに長く存在してきた我々にとって、不思議な感じがする。大いなる災いが惑星上に蔓延している限り、我々チョウゾが元の次元に戻ることはできないことは明らかである。それはあまりにも強力で、忍び寄る悪であり、我々の意志は崩壊し、精神は崩壊し始めている。だからこそ、手遅れになる前に、我々は最後の抵抗を始める。その中心となるのがサイファだ。12個のアーティファクトを動力源とする方陣で、私たちチョウゾがエーテル状態で利用できる限りのパワーで満たされている。それが終わってからでは遅すぎるかもしれない。

ここに来てサイファが出てきました。チョウゾは霊的な存在になってたんじゃなくてエーテル体になってたんですね。って同じ意味っぽいのでやっぱり霊的な存在になっていたようです。

Cradle(クレイドル)

The cries of this dying land pulled us from our dreaming state, and now we Chozo walk as ghosts while the Great Poison sinks into the trees and waters, devouring all life. Some creatures survive, but their forms grow as twisted and evil as the force that fell from the sky. The heart of the planet will succumb soon, and so will we, even in our ghostly states. Already many Chozo have faded and passed into the unknown. The Great Poison is unlike anything we have glimpsed in this or any dimension. It eats relentlessly, worming out life wherever it blooms and corrupting what it cannot kill. It will be our undoing. Our last hope lies in the Cradle, the temple we hope might contain this abomination. It is almost complete, hovering over the impact site, the dark heart of the spreading evil. If we can finish before the last of our kind drifts into madness or death, there is a chance for this world. If we fail, we are doomed with it.

死にゆく大地の叫びは、我々を夢の中から引きずり出した。そして今、我々チョウゾは、大いなる災いが木々や水の中に沈み、すべての生命を食い尽くす間、亡霊となって歩く。生き残った生物もいるが、その姿は空から降ってきた力のように歪んだ邪悪なものになってしまった。惑星の中心部はまもなく衰退し、私たちもまた、たとえ幽霊のような状態であっても同様だ。すでに多くの超常現象が消え去り、未知の世界へと向かっている。大いなる災いは、これまで我々が垣間見てきたどんな次元のものとも違っている。それは容赦なく食べ、どこに咲いても生命を虫食いにし、殺せないものを腐らせる。それは我々を破滅させるだろう。最後の望みはクレイドルにある。クレイドルは、この忌まわしいものを封じ込めるための神殿だ。それはほぼ完成しており、広がっていく悪の暗黒の中心である衝突地点を覆っている。我々の種族の最後の一人が狂気や死に陥る前に完成させることができれば、この世界には希望がある。もし失敗すれば、我々はこの世界とともに運命づけられてしまう。

サイファを敷いてからクレイドル(アーティファクト神殿)を作る流れ?日本版だと神殿を作ってからサイファを敷いていたような…と「サイファ」をみたら「…こととなる」と書かれていました。クレイドル→サイファの流れで正しいようです。計画的には逆ですが。

Hatchling(雛鳥)

As we struggle with the Great Poison, something stirs at the edges of our vision. It is the Hatchling Samus. We feel her, across the void, as she hunts the corrupted. Will our fates again be one? As our pride shatters, will prophecy become real? When all strength wanes from the Chozo, will it be the Hatchling who fulfills our legacy? True sight eludes us, for the Poison gnaws at all vision, leaving seers blind and filled with despair. Truth’s blessing may come too late.

大いなる災いと格闘していると、視界の端に何かが蠢いている。それは雛鳥「サムス」だ。虚空の彼方で、堕落した者たちを狩る彼女を感じる。我々の運命は再び一つになるのか?誇りが砕け散る中、予言は現実となるのか?チョウゾから全ての力が失われた時、我々の遺産を果たすのは雛鳥なのか?毒がすべて視界をむしばみ、見る者を盲目にし、絶望に陥れる。真実の祝福は遅すぎるかもしれない。

サムスの名前が出てきちゃった。Hatchiling = Samus。Newbornはどうなんだろ。

The Turned(寝返りし者)

Many Chozo have gone beyond now, and this is a mercy. Those of us who remain suffer in dimensional flux, drifting helplessly across time and space, guided by unseen and inexorable currents. The Chozo who cling to sanity fight the tide, but our minds are weakening. Soon we will all be like the Turned, Chozo who have been corrupted by the Great Poison. The Turned still hold to their Chozo forms, but their minds are black with fell intentions. Gone is their respect for life. They honor only destruction, and seek to disrupt the Artifacts holding the Great Poison at bay. All life taunts them, and they do not rest. Before long, they will be all that remain of the Chozo here.

多くのチョウゾは今を越えてしまった、これは慈悲である。 残った私たちは、目に見えない不可抗力の流れに導かれて、時空を超えて無力に漂いながら、次元の変動の中で苦しんでいる。正気を保っているチョウゾは、その流れに抗っているが、我々の心は弱っている。まもなく我々は皆、大いなる災いに侵されたチョウゾである「寝返りし者」のようになるだろう。寝返った者たちは、まだチョウゾの姿を保っているが、その心は邪悪な意図で黒く染まって、生命に対する敬意は失われている。彼らは破壊のみを尊び、大いなる災いを抑えているアーティファクトを破壊しようとする。全ての生命は寝返りし者どもを愚弄し、寝返りし者どもは休まない。近い将来、この地に残るのはそのようなチョウゾのみとなるだろう。

今を越えてしまったは、死んでしまったって書いといたほうが良かったかな。The Turnedがチョウゾゴースト(北米版)です。この設定は引きずられて欧州版でも少し使われているっぽいです。「All life taunts them, and they do not rest.」がなんかよくわからない(英語力レベル低)。皮肉るとか嘲るとかどういうこっちゃ。何か知らない意味があるのかな。

Cipher(サイファ)

None know if our temple, the Cradle, will prove powerful enough to contain this evil forever. How can we Chozo hope for it to remain intact when that which it guards writhes in the darkness, growing always stronger? The fate of this world rests with the gathering of Artifacts we call Cipher, but even it is not all-powerful. It is strong, yes: an enchanted whole made of twelve links. Still, it is finite in its reach, and we who guard it are slowly succumbing. When our vigilance crumbles away into madness, the Cipher will be exposed and the fate of Tallon IV will be beyond our influence.

我々の神殿であるクレイドルが、この邪悪なものを永遠に封じ込めるのに十分な力を発揮するかどうかは誰にもわからない。守るべきものが暗闇の中で蠢き、常に強くなっている中で、我々チョウゾはどうやって神殿が無傷であることを望むことができるだろうか?この世界の運命は、サイファと呼ばれるアーティファクトの集まりにかかっているが、それさえも万能ではない。確かにサイファは強く、12個のリンクで構成された方陣だ。しかし、その力には限界があり、サイファを守る我々も徐々に弱体化している。我々の警戒心が崩れて狂気に陥った時、サイファは暴かれ、ターロンIVの運命は我々の手に負えなくなるだろう。

クレイドル→サイファの流れで正しかった。

Newborn(赤子)

The power of our temple has been enough to halt the spread of the poison on Tallon IV, but that which remains thrives and grows more concentrated, gnawing on itself in the dark passages beneath the planet’s surface. Whether it can ever be truly destroyed is not for our eyes to see. But there is something else. We Chozo are drifting, tumbling through space and time as the Great Poison eats away at our sanity. We wake in dreams. As the veil of lunacy descends, as past and future blend and shuffle, one image appears and flickers through the landscape, wraithlike. It is the Hatchling, the Newborn, walking the path of corruption, a lone figure shining in the toxic shadows. She comes dressed for war, and her wrath is terrible. Do our eyes look backward, seeing the Hatchling as she once was? Or does she approach even now, arriving in our race’s last hour, a savior clothed in machines crafted long ago by Chozo hands? Poisonous clouds drift across our vision.

我々の神殿の力でターロンIVの毒の拡散は止まったが、残った毒は地表の暗い通路で自らを蝕みながら増殖し、濃度を増している。真に破壊できるかどうかは我々の目には見えない。しかし、他にもある。我々チョウゾは、大いなる災いが我々の正気を奪う中、時空を超えて漂っている。我々は夢の中で目覚める。狂気のベールが降りてくると、過去と未来が混ざり合い、撹拌されると、1つのイメージが現れ、悪霊のように風景の中を揺らめく。それは堕落の道を歩む雛鳥、赤子であり、有毒な影の中で輝く孤独な姿である。彼女は戦争のために服を着てやってきて、その怒りは恐ろしいものです。私たちの目は後ろを向いて、かつての雛鳥を見ているのだろうか?それとも、我々の種族の最後の時に到着した彼女は、はるか昔にチョウゾの手で作られた機械を身にまとった救世主として、今でも近づいてくるのだろうか?視界には毒々しい雲が流れている。

Newborn=新生児なので赤子と書いているがいいのかな…。チョウゾも疲労であやふやになりつつあるようですが自分もあやふやです。

Infestation(侵入者の横行)

A second plague has come upon the land, dousing the last flickering hopes of our race. Drawn by the very force we Chozo hoped to contain, a host of marauding creatures descended from space and invaded our temple, the Cradle. They try in vain to destroy it, but its power remains beyond them for now. They possess some of the twelve Artifacts we call the Cipher, yet do not comprehend their function. Ignorant creatures, they are blinded by delusions of harnessing the Great Poison for their own designs. They walk about as masters of the planet, assimilating the ruins of our sanctuary into their experiments. We can but watch and wait for our doom.

2つ目の疫病がこの地を襲い、我々の最後の希望を奪った。我々チョウゾが封じ込めようとした力に引き寄せられ、宇宙から降りてきた略奪的な生物の群れが、我々の神殿であるクレイドルに侵入してきたのだ。彼らはクレイドルを破壊しようとしているが、その力は今のところ彼らには及ばない。彼らはサイファと呼ばれる12のアーティファクトの一部を持っているが、その機能を理解していない。彼らは無知な生き物で、大いなる災いを自分たちのために利用しようとする妄想に目を奪われている。彼らは惑星の支配者のように歩き回り、我々の聖域の廃墟を自分たちの実験に組み入れている。我々は運命を見守るしかない。

半・霊的な存在になってるなうなので、手の出しようがないんですね。でも神殿は作れた不思議。

Binding(集結)

The congregation of Artifacts that hold the Great Poison at bay still hold strong. Fearful of the potential within the Artifact Temple, the invaders known as Space Pirates tried to destroy it, only to fail in every attempt. We scattered the Artifacts across the planet for their protection, and only a few have fallen into invader hands. Failing to understand them, they now seek to unmake them. Again, they fail. They are right to fear these things. Great power sleeps inside them. Prophecy calls for their union, come the day that the unholy Worm is met by the great Defender. We can only hope the Artifacts are not destroyed by the invader, for then all will be lost. So, we do what we can to preserve the Artifacts, and to guide the Newborn to them. Time wanes with our souls, yet hope remains.

大いなる災いを抑える12個のアーティファクトは、今もなお強固に存在している。アーティファクト神殿の可能性に恐れをなしたスペースパイレーツと呼ばれる侵略者たちは、アーティファクト神殿を破壊しようとしたが、ことごとく失敗した。我々はアーティファクトを守るために惑星に散らばせたが、一部は侵略者の手に渡った。彼らはそれらを理解することができず、今度はそれらを元に戻そうとしている。彼らはまたしても失敗した。彼らがアーティファクトを恐れるのは正しい。アーティファクトの中には大きな力が眠っている。予言はアーティファクトの集結を求めている。邪悪な「虫」が偉大な護衛者に出会う日が来るだろう。アーティファクトが侵略者に破壊されないことを祈るばかりだ。そうなればすべてが失われる。だから、我々はアーティファクトを保存し、赤子をそこに導くためにできることをするのだ。時は流れても、希望は失われない。

この時点でもチョウゾは存在しているんですね。半・霊的な存在ですが。

Hatchling’s Shell(雛鳥の殻)

The hatchling walks among us. Are these dreams? Memories? Foretellings? Time and reality swirl together like estuary waters, and we Chozo know not what to believe. She appears as ghostlike as the Chozo, but at times the mists clear. We see her wounded eyes, and remember the child we found so long ago. What has she become, this Newborn? Clad in Chozo armor, wielding weapons our hands once held, does she dream of the Chozo as we once were? Does she long for her parents, lost to the same creatures that even now defile our sacred home? Does she still live?

雛鳥が私たちの間を歩いている。これは夢なのか?記憶なのか?予言なのか?時間と現実が河口の水のように渦を巻いていて、我々チョウゾは何を信じていいのかわからない。彼女はチョウゾのように幽霊のように見えるが、時折、霧が晴れる。我々は彼女の傷ついた目を見て、昔見つけた子供を思い出す。この赤子は何になったのだろうか?チョウゾの鎧を身にまとい、かつて我々が手にした武器を振り回し、かつての我々のようにチョウゾの夢を見ているのだろうか?彼女は両親を恋しがっているのだろうか? 私たちの神聖な故郷を今も汚しているのと同じ生き物に奪われた彼女の両親を慕っているのだろうか?彼女はまだ生きているのだろうか?

チョウゾはコロニー K-2Lのことを覚えており、両親のこともしっており、心配している。だが今はもうフェイゾンに冒され良く見えないのだろう。

Hope(希望)

More and more, our tormented minds turn to the Newborn. As the world continues to shift into brutal, disconnected images, she remains inarguably real: a fearless figure delving deeper into this blighted world, unmindful of the terrors that await her. Was she this way before? When we Chozo found her, a fledgling orphaned on a savaged planet, did a warrior’s pulse already beat in her veins, filling her with righteous fury? Our hopes lie with her. We leave these messages for her, that she may find our Artifacts and deliver the world from its evils. Wraiths we may be, but our reach is still long indeed. We shall fight these invaders, and the Poison they would master, until the end.

我々の心は、ますます「赤子」に向けられるようになった。世界が残酷で断絶されたイメージに変化していく中で、彼女は紛れもなく現実に存在している。彼女は以前からこのような状態だっただろうか?我々チョウゾが、荒廃した惑星で孤児となった彼女を見つけたとき、彼女の血管にはすでに戦士の鼓動が鳴り響き、正義の怒りに満ちていたのだろうか?私たちの希望は彼女にあります。彼女が我々のアーティファクトを見つけ、世界を悪から救うことができるように、我々は彼女にこのメッセージを残す。我々は悪霊かもしれないが、我々の範囲はまだ長い。我々はこの侵略者と彼らが支配する毒と最後まで戦う。

子供のサムス = Hatchlingで

現在のサムス(チョウゾには誰だかわからない) = Newbornなんですかね。

それが最後に結びついたかな。

終わりに

廃止されたテキストなので大きな矛盾でもあるのかなと思ってたけど普通にいい話でした。ただ、チョウゾが悲惨。まあ廃止されたのはなんとなくわかります。現在のチョウゾをこんなにはっきり描いちゃっていいの?ってのが。あと、チョウゾが悲惨。

合わせて読みたい国際版・Trilogy編